Uncategorized

3つのローラースケート紹介

30年以上前の話ですが、当時ヒカルゲンジが流行っていました。歌番組でローラースケートを履いて、ステージを自由自在に動きながら歌っていたのが印象的でした。アイドルの影響は大きく、クラスメートの中にもローラースケートを履いて、放課後は外で遊んでいる子が多くいたのです。その時代にはまだローラー ブレードというものは、存在しておらずローラースケートだけでした。ローラースケートは、4つのタイヤがついているので安定感は抜群です。小さな子供がローラー スケート 子供用を履いても倒れることはありません。だからと言って、誰でもすぐに簡単にマスターできるわけではありません。練習は必要ですし、その過程で転ぶこともあるでしょう。それでも難しいものでもないので、しばらくすれば自由自在に滑れるようになります。安全のためにヘルメットと膝あても必要になります。ローラー ブレードはタイヤが一列に並んでいるので、ローラースケートよりバランス感覚が必要になってくるのです。イメージとしてはスケートシューズを考えるとよく理解できます。もちろん、スケートシューズほど幅が狭いわけではありませんのでスケートよりはバランスを取りやすいことでしょう。最初は足を八の字にして立つ練習が必要になります。その後、交互に斜め前に足を出すようにして前に進んでいきます。スケートと同じ要領であることがわかれば問題はありません。ローラー スケート 子供用を見てみますと、ブレーキが車輪の前についていることがわかります。しかし、ローラー ブレード 子供用を見るとブレーキが車輪の後ろについていますので、この違いを理解したうえで履いて練習することが大事です。ローラースケートもローラー ブレードも安全に利用するうえで止まり方を覚えることは大切だからです。キチンと止まれないと誰かにぶつかったり、転んでケガをしてしまいます。ローラー ブレード ジュニア用を購入を考えているならサイズもよく考えて買う必要があります。子供は成長が早いので、サイズがあわなくなったらもったいないです。


Y.Volution


「Y.Volution」のローラースケートとローラーブレードはサイズが18.5cm-24cmで調節が可能なので、事前に確認をします。また、会社はアイルランドのダブリンにあり、スタイリッシュでおしゃれなデザインが特徴になっています。タイヤにはLEDが装備されているので、滑っている時は光ってカッコいいです。最近は、子どもの運動不足と運動能力の低下が問題になっています。ゲームなど体を動かさない遊びが多いのかもしれません。また、外で安全に遊べる場所が減っているのも問題だと言えます。
そのような中で子供が体を動かして遊ぶというのは体的にも精神的にもプラスに働きます。日中元気に活動するなら夜はぐっすり眠ることが出来ますし、健康な体をつくることが出来るのです。もちろん、親がヘルメットや膝あてなど安全に遊ぶための道具をそろえることも大事ですし、どこで遊ぶことができるかキチンと指導することが大事です。
ローラー ブレードは一人でも遊べますが、友達を一緒に遊ぶならもっと楽しいことでしょう。また、大人用もありますから、親子で挑戦してみるのもいいです。きっと親子の絆が深まるにちがいありません。なんでもそうですが、一つのことを習得すると自信につながってきます。自信がつくと自尊心を持つことが出来ますので幸福感を感じるようになります。これは、褒めればいいという問題ではなく、キチンと成長を見守りいい点を指摘してあげるという事です。子供は親の誉め言葉ほど必要な物はありません。上手に滑れるようになったなら、きっとその様子をお父さんやお母さんに見てほしいと思います。そのようなわけで、コロナ禍で在宅の時間が多くなってしまいましたが、密を避けることが出来る活動をすることでコロナ疲れに対処することも出来るのです。転んでケガをするのではないかと心配をする必要はありません。子供の習得スピードは速いですし、その過程が楽しいのです。

小さな子どもや運動が苦手ならローラー スケート 子供用を選ぶことが出来ます。運動が得意、もしくはある程度大きい子ならローラー ブレード 子供用でいいです。見た目もおしゃれでカッコいいならクラスメートに自慢したいでしょうし、人目を気にせずに遊ぶことが出来ます。中古品もありますが、安全面を考えると新品を購入した方が安心でしょう。子供に運動させることは大事ですので、楽しく遊べる道具を備えることは本当に大切です。ゲームのやりすぎは目にもよくありませんし、他の人とのコミュニケーションをとるのが難しくなります。ゲームはほどほどにして、外で遊ぶように教えることが大事です。安全で楽しく、そして子供が夢中になれるのがローラー ブレードの魅力です。平らで安全な場所が近くにあれば、あとは靴を履いて滑るだけで大丈夫だと言えます。