2歳, Y.Volution, バランスバイク, 子供用

バランスバイクの紹介

近年は、バランスバイクと呼ばれるものが流行しています。バランスバイクは、一見した自転車と同じような形をしていますが、ブレーキがないことやペダルがないのが自転車との違いといえます。自転車と同じ形をしたバランスバイクに乗ることで、バランス感覚をつかむことができます。これを最初に利用すれば、初めて自転車に乗る時も抵抗なく乗ることが可能です。
2歳児以降になると、今までよりも行動範囲が増えて外の世界を知るようになります。少しでも遠くに行こうとする好奇心があります。そこで、このようなバイクを利用すれば、今まで以上に行動範囲が広がり子供の好奇心を満たすことができるでしょう。そのような意味においても、このバイク自体は非常に意味があるものです。

バランス バイク おすすめを見ていくと、2歳未満や2歳位の年齢ならば、木材でできたものを利用すると良いでしょう。木材の場合には、仮に転んで身体にバイクが当たっても大きな怪我をする事はありません。また、木材の優しさを肌で感じることができるのも特徴です。これに対して、3歳児になったならば、ある程度バランス感覚を保つことができます。そのため、金属製のものを利用しても良いでしょう。もちろん、3歳児であっても、初めて乗る場合にはまだ十分な平衡感覚がつかめていない可能性もあります。この場合には、木製のものを利用してみても良いかもしれません。


早い子供は、2歳からバランスバイクにまたがっています。2歳と言えば、歩き始めて1年経過するかどうかの年齢といえます。このぐらいの年齢でバイクにまたがることで、一生涯身使うことのできるバランス感覚を早いうちに身に付けることが可能です。年齢的にも、身体がとても小さいため大きなバイクに乗りこなすことができません。そこで、バランス バイク 2 歳の商品を選ぶ場合には、小さめのものを購入すると良いでしょう。2歳児用は、ホイールサイズが21センチとかなり小型になっています。ホイールが大きいものを買えばスピード出すこともできますが、歩き始めて間もない年齢の2歳児ならば、あまりスピードを出す必要はないでしょう。どちらかと言えば、左右に倒れることなくまっすぐ走ることを目的として購入した方が良いかもしれません。
シートの高さは、30センチから40センチ位のものを購入すると良いです。1歳位の年齢の身長を見ていくと、およそ85センチ前後になります。子供によって違いはあるものの、腰の高さが40センチ前後になるためそれぐらいのシートの高さに設定できる商品を選ぶ必要があります。

バイク自体の重量は、3キロかそれ以下のものを選んだ方が良いでしょう。金属製のものはやや重さがあるかもしれませんが、最近は金属製のものでも軽量化している種類もあります。いずれにしても、子供が転倒した時自分で起こすことができる位の重さにした方が良いです。一般的な2歳時ならば、3キログラム位の重さならば特に問題なく扱うことができます。

バランスバイクが発売された当初は、ブレーキが一切ついていないものばかりでしたが、ブレーキがないことで途中で止まることができず壁などに激突してしまい怪我をするケースもありました。そこでメーカーは、商品を作るときブレーキをつけることが増えています。ブレーキ付きの商品を探すのは難しくありません。2歳児ならば、ブレーキ操作ぐらいは特に問題なく行うことができます。子供に言葉を教えれば、理解することができるはずです。
フランスバイクは、別名キックバイクとも呼ばれています。これは、サドルが存在せずに足で地面を蹴ることで動かすからです。どちらも同じものですが、3歳児になるとキックバイクと呼ぶケースも多くなってきています。キック バイク 3 歳に関しては、ある程度重たいものでも問題ありません。3歳児の平均身長は90センチから95センチ位となっており、男女にそれほど大きな違いはないところです。どちらかと言えば、生まれたときの大きさによってその身長は変わってくるでしょう。

サドルの高さは、40センチから50センチ位のものを選ぶと良いです。身長が90センチ未満ならば、30センチから35センチ位の高さに設定できるサドルが良いかもしれません。目安としては、サドルをまたいだ時に両足が着地できるかです。片足しか地面につくことができなければ、止まる時にバランスを崩し転んでしまうことがあるかもしれません。そうすると、恐怖心が生まれてきて、キックバイクに乗る機会が少なくなってしまうでしょう。
ブレーキに関しては、バランスバイクと同じく最初から付いているものが少しずつ増えてきています。2歳児に比べると3歳時は蹴る力が強くなっているためスピードも出やすいです。つまり、壁や車に衝突しないようにブレーキ操作が重要になるといえます。ただ、自動車などが走っていない公園などで遊ぶ分にはブレーキはそこまで必要ないかもしれません。迷った場合には、ブレーキ付きのものを選んだ方が良いです。

Related Posts