ニキビ, 妊娠線, 妊娠線消す, 美容整形, 美容整形外科

妊娠 線 消すために必要なこととは

妊娠 線 消す方法はいくつかありますが、一般的なのはクリームを塗ることでしょう。例えば、妊娠をして体重が増えてしまった場合には、お腹に縦割りの線ができますがこれが妊娠線です。最初のうちは、あまり意識をしていないためそれほどはっきりとした線は出ていないかもしれませんが、その段階でクリームを塗っておくのが良いでしょう。このクリームを塗ることで、少しずつ表面が滑らかになっていき妊娠線を消すことができるわけです。


ただクリームを使う場合は、早い段階で使っておいた方が良いでしょう。はっきりと見える段階になると、クリームだけで消すのは難しくなります。そのため、できてすぐ購入した方が良いかもしれません。
2つ目の方法は、手術をすることです。妊娠線ができた場合、凸凹している部分がありますが、その部分にメスを入れます。これは自分で行うことができず、美容整形外科などに行くしかありません。あるいは、妊娠線などの治療を専門的に行っているクリニックに行きこれを施してもらうことが必要になります。メスを入れる場合には、様々な方法がありますが、クリニックによってはかなり目立ちにくい方法を採用しているところもあります。

もし、少しでも目立たないようにするためには、可能な限り目立ちにくい手術をしてくれる所にお願いをするのが良いです。どのぐらいお金がかかるかに関しては、保険が適用されないことを考えると100,000円以上かかるのが一般的になります。保険が適用されないとすれば、それだけ自己負担が100%になることを意味しており大きな出費になることは間違いありません。


3つ目は、専用ローラーを使うことが重要になります。ダーマローラーと呼ばれるもので、これは長さ1.2ミリ程度の細い針がかなりささっているローラーになります。数百本が1つのローラーの中に刺さっているため、それだけで怪我をするような事はありませんが、強く押し付けると後になってしまいます。針のついている部分を、ちょうど妊娠線が出ている部分に当てて転がすことで、無数の穴が開くわけです。無数の穴が開くといっても、そこまで痛いものではありません。皮膚の表面に穴を開けて、その部分を治療していくことになります。これは、医学的な治療すると言うより人間の自然治癒力をあてにしているものです。そのため、人によって効果の違いが出てくるのは間違いのないところです。


いちど表面に穴が開いた場合には、しばらく使うのはやめたほうが良いでしょう。たくさん転がせばいいわけではありません。穴が塞がる時に自然と妊娠線が消えていくことになるため、いちど使ってみて多少効果が認められた場合は完全に穴がふさがってからもう一度使ってみるべきです。


それ以外の方法では、フラクショナルレーザーと呼ばれるものがあります。お腹の表面の皮膚にレーザーを当てて、その部分の細胞を入れ替えます。これにより、妊娠線は目立たなくなるでしょう。ニキビ後のくれた似合っている場合も、同様の効果が得られるわけです。